音読み ドウ▲トウ
訓読み おな-じ▲とも-に
意味 おなじ。ひとしい。
部首 口部 こうぶ 口 くち
画数 6画
区分 教育漢字
学年 小学校2年/漢検9級
水準 JIS第1水準
パーツ 冂  同 
Unicode U+540C
四字熟語 異口同音(いくどうおん)
多くの人が口を揃えて同じように言うこと
医食同源(いしょくどうげん)
病気の治療も食事も、健康には欠かせないという考え
一心同体(いっしんどうたい)
心が通じ合っていること
共同戦線(きょうどうせんせん)
当面の目的のために、立場をこえて協力すること
公私混同(こうしこんどう)
公のこと、私的なことの区別が付けられないこと
呉越同舟(ごえつどうしゅう)
敵対する者同士が、同じ場に居合わせること
大同小異(だいどうしょうい)
小さな違いはあっても、大きな違いはないこと
大同団結(だいどうだんけつ)
同じ目的のために協力すること
同工異曲(どうこういきょく)
見かけは違うが、内容は同じであること
同床異夢(どうしょういむ)
同じ行動をしながら、意見や考えが違うこと
同病相憐(どうびょうそうれん)
同じ境遇で苦しむ者は、互いに慰め合えるということ
猫鼠同眠(びょうそどうみん)
悪事を働く人と取り締まる人が結託し悪事を働くこと
付和雷同(ふわらいどう)
自分の意見がなく、すぐ人の意見に流されること
六合同風(りくごうどうふう)
天下を統一し平和にし、風俗や習慣を同じくすること
和光同塵(わこうどうじん)
自分の才能や徳を隠して目立たないように暮らすこと