音読み イチイツ
訓読み ひとひと-つ▲はじ-め
意味 ①数の1。個数として1つのもの。基数の1。 ②最初の。序数の1。 ③それだけの ④すべての ⑤ひとまとめにした ⑥ちがう ⑦しばらく ⑧ほんのわずかな ⑨仮に ⑩あるときに ⑪とある ⑫それと同じ
部首 一部 いちぶ 一 いち
画数 1画
区分 教育漢字
学年 小学校1年/漢検10級
水準 JIS第1水準
パーツ 一 
Unicode U+4E00
四字熟語 夷険一節(いけんいっせつ)
どんな時でも信念を貫くこと
一意専心(いちいせんしん)
ひたすら一つのことに集中すること
一飲一啄(いちいんいったく)
分を弁えて多くを求めないこと
一言居士(いちげんこじ)
何にでも一言批評したがる人
一期一会(いちごいちえ)
一生に一度しかない、大切な出会い
一言一句(いちごんいっく)
ひとつひとつの言葉
一日千秋(いちじつせんしゅう)
とても待ち遠しく思う気持ち
一入再入(いちじゅうさいじゅう)
布を何度も染料につけて染めること
一膳飯屋(いちぜんめしや)
茶わん一杯の飯を出す、簡便な食堂
一族郎党(いちぞくろうとう)
家族とその関係者
一念発起(いちねんほっき)
強く決意すること
一部始終(いちぶしじゅう)
始めから終わりまでの全て
一望千頃(いちぼうせんけい)
一目で遠くまで広々と見渡せること
一望千里(いちぼうせんり)
広々としていて、とても見晴らしが良いこと
一網打尽(いちもうだじん)
一度に全員を捕まえること
一目瞭然(いちもくりょうぜん)
ひと目見ただけで、はっきりとわかること
一問一答(いちもんいっとう)
質問と答えを、1問ずつ繰り返すこと
一夜検校(いちやけんぎょう)
急にお金持ちになること
一竜一猪(いちりょういっちょ)
学ぶ人と学ばない人では大きな賢愚の差がつく
一蓮托生(いちれんたくしょう)
運命や行動を最後まで共にすること
一獲千金(いっかくせんきん)
一度に大きな利益を得ること
一家団欒(いっかだんらん)
家族みんなで集まり、楽しく過ごすこと
一竿風月(いっかんふうげつ)
俗世から離れ、自然の中で悠々自適に暮らすこと
一喜一憂(いっきいちゆう)
状況が変わるたびに、喜んだり心配したりすること
一気呵成(いっきかせい)
ひといきに物事を成しとげること
一騎当千(いっきとうせん)
一人で多くの敵をたおせるほど優れていること
一虚一盈(いっきょいちえい)
常に変わり続けるために予測しにくいことのたとえ
一挙両得(いっきょりょうとく)
1つの行動が、2つの良い結果を生むこと
一琴一鶴(いっきんいっかく)
清廉潔白な役人のこと
一顧傾城(いっこけいせい)
絶世の美女の例え
一切合切(いっさいがっさい)
残らず全て
一切衆生(いっさいしゅじょう)
誰でも生まれながらに仏になる素質があるという考え
一弛一張(いっしいっちょう)
人に優しくしたり厳しくしたりすること
一子相伝(いっしそうでん)
自分の技を、子どものうちの一人だけに伝えること
一宿一飯(いっしゅくいっぱん)
他人にちょっとした世話になること
一生懸命(いっしょうけんめい)
命がけで物事を行うこと
一触即発(いっしょくそくはつ)
少し触っただけで爆発しそうな、危うい状態のこと
一進一退(いっしんいったい)
進んだり、戻ったりを繰り返すこと
一心同体(いっしんどうたい)
心が通じ合っていること
一心不乱(いっしんふらん)
一つのことに集中して、他のことが目に入らないこと
一世一代(いっせいちだい)
一生のうち、一回きりだということ
一世木鐸(いっせいぼくたく)
人々を教え導く者
一石二鳥(いっせきにちょう)
1つの行動が、2つの良い結果を生むこと
一致団結(いっちだんけつ)
多くの人が、同じ目的のために力を合わせること
一知半解(いっちはんかい)
表面的に知っているだけで、十分理解していないこと
一朝一夕(いっちょういっせき)
わずかな間
一長一短(いっちょういったん)
良いところもあれば、悪いところもあること
一刀両断(いっとうりょうだん)
思い切って物事を進めること
一夫多妻(いっぷたさい)
一人の男性に、二人以上の妻がいること
一碧万頃(いっぺきばんけい)
青々とした水面が広がっていること
開口一番(かいこういちばん)
話し始めたとたんに
鎧袖一触(がいしゅういっしょく)
相手を難なく打ち負かすこと
危機一髪(ききいっぱつ)
あと少しでとても危険な状況になる瀬戸際のこと
挙国一致(きょこくいっち)
1つの目的のために、国民全員が協力すること
鶏群一鶴(けいぐんのいっかく)
たくさんの凡人の中に優れた人物が一人いる
桂林一枝(けいりんのいっし)
人柄が立派なことの例え
乾坤一擲(けんこんいってき)
運命をかけた大勝負をすること
言行一致(げんこういっち)
口で言うことと、行動が同じであること
祭政一致(さいせいいっち)
宗教と政治が同じものとして扱われる社会のあり方
三位一体(さんみいったい)
3つのものが緊密に結びつくこと
終始一貫(しゅうしいっかん)
始めから終わりまで同じ態度が続くこと
首尾一貫(しゅびいっかん)
方針が最初から最後まで変わらず、ぶれないこと
心機一転(しんきいってん)
あることをきっかけに、前向きな気持ちになること
千載一遇(せんざいいちぐう)
めったにない良い機会だということ
千篇一律(せんぺんいちりつ)
多くのものが同じ調子で面白みのないこと
全豹一斑(ぜんぴょういっぱん)
物事の一部だけを見て全体を推測、批評すること
台風一過(たいふういっか)
台風が過ぎ去って、良い天気になること
智者一失(ちしゃのいっしつ)
賢い人でも多くの考えの中に一つぐらい誤りはある
寵愛一身(ちょうあいいっしん)
大勢の中から、特別に可愛がられ愛情を独占すること
天下一品(てんかいっぴん)
世の中で一番というくらい優れていること
二者択一(にしゃたくいつ)
2つのうち、どちらかを選ぶこと
破顔一笑(はがんいっしょう)
にっこりと笑うこと
八紘一宇(はっこういちう)
全世界を統一すること
表裏一体(ひょうりいったい)
切っても切り離せない関係のこと
碧落一洗(へきらくいっせん)
雨の後に空がきれいに晴れ渡ること
凡聖一如(ぼんしょういちにょ)
賢者も普通の人も本質的には同じであること