干部 かんぶ 干(かん) の漢字一覧

干は、干部(かんぶ)に属する部首です。康熙字典214部首では51番目に置かれます。干という字は、長い棒の先が2又になったY字型の武器が由来です。しかし部首としては、特に武器に関するものを意味するわけではありません。干の字形を含む漢字が、意味に関係なく雑多に集められています。

部首としての干の面白いところは、多くの読み方があるところです。まず音読みの「かん」があり、訓読みを使って「ほす」「ひる」とも呼ばれます。

また、前述の通り本来は武器を示す漢字であり、相手の攻撃を防ぐ「盾」としても使われたことから「たてかん」という名前もあります。さらに、漢字の一と十に分解できることから、「いちじゅう」とも呼ばれます。

ところで、干に関連して、「于撥ね干引き(うはねかんびき)」という言葉があります。これは、漢字の「于 (う) 」は下をはね、「干 (かん)」 は下をはねないで、まっすぐに引くということを表し、字形の区別を覚えるために使われます。

    常用漢字     人名用漢字*     常用外漢字
* 人名用漢字も常用外漢字です