巛部 せんぶ 川(かわ) の漢字一覧

川は、巛部(せんぶ)に属する部首です。康熙字典214部首では47番目に置かれます。巛部に属する部首である巛(まがりかわ)と区別するために、巛を「まがりかわ」、川を「さんぼんがわ」と呼ぶこともあります。

川の意味は文字通り地形の川ですが、「河(かわ)」や「流(なが-れ)」「洲(川にできる地形のす)」など、川に関係する漢字の多くは氵(さんずい)に属します。そのため、川を部首とする漢字は非常に少ないです。

川を部首とする数少ない漢字の一つが「州(しゅう)」です。その成り立ちは、川の中にある地形だと言われています。

ちなみに、川の部首には所属しなくても、川を一部に含む漢字自体は数多く存在します。代表的なものに「順(じゅん)」や「訓(くん)」「馴(な-れる)」、他にも「釧(釧路の釧)」「圳(中国・深圳の圳)」などがあります。

    常用漢字     人名用漢字*     常用外漢字
* 人名用漢字も常用外漢字です