部首が「おんな(女)」の漢字

女(おんな)は、女部(じょぶ)に属する部首です。康熙字典214部首では38番目に置かれます。女部のうち、「」のように漢字の左側に置かれて細くなったものは、女(おんなへん)です。女(おんな)は、「姿」のように漢字の左側以外に置かれたものを指します。

女(おんな)には、女性の立場や行動・状態、出産や結婚に関わる字が集められています。例えば、「妻(つま)」や「婆(ばあ-さん)」、「娶(めと-る)」「妾(めかけ)」「嬰(あかご)」といった字があります。

ところで女に属す難読漢字として、男女男と書いて「嬲(じょう)」、女男女と書いて「嫐(どう)」という漢字があります。この漢字の意味は、三角関係または浮気を繰り返す男女…というのは冗談で、どちらも訓読みは「なぶ-る」です。なぜ訓読みが同じなのかは諸説あって不明です。不思議ですね。

    常用漢字     人名用漢字*     常用外漢字
* 人名用漢字も常用外漢字です