士部 しぶ 士(さむらい) の漢字一覧

士は、士部(しぶ)に属する部首です。康熙字典214部首では33番目に置かれます。部首の呼び名は「さむらい」または「さむらいかんむり」です。

日本語では武士を連想しますが、部首の意味としては成人男性を表します。実際の漢字で当てはまるのは「壮年」のです。しかしその他のさむらいに属する漢字は、形の上から便宜的に割り当てられたものばかりです。

例えば「」は、旧字は「」であり、お金に関することを表す「貝」の部首に所属していました。しかし、新字になって貝のパーツが省略され、仕方なくさむらいに分類されたものと思われます。

また「」も同様です。旧字は「」であり、聞くことを表す「耳」の部首に所属していました。しかし、新字になって耳と殳のパーツが省略され、他に行く当てがなくなり、さむらいに分類されたのでしょう。

    常用漢字     人名用漢字*     常用外漢字
* 人名用漢字も常用外漢字です