部首が「つち(土)」の漢字

土(つち)は、土部(どぶ)に属する部首です。康熙字典214部首では32番目に置かれます。土部のうち、「」のように、漢字の左側である「へん」に位置するものは「土(つちへん)」です。一方、「」のように、へん以外の場所に位置するものを「土(つち)」と呼びます。

部首としては、土や大地・地形に関係する漢字が集められています。代表的な字には、「堅(かた-い)」や「墓(はか)」、「壁(かべ)」「墾(開墾のこん)」「塵(ちり)」などがあります。

ところで、土(つち)や土(つちへん)のことを、「あげつち」と呼ぶのを聞いたことはありませんか?聞いたことのある方はきっと佐賀県民!なぜか、佐賀県内でだけそのように呼ばれているのだそうです。部首の呼び方に正式というものはないので、佐賀県の有名な学校の先生が作った造語なのかもしれませんね。

    常用漢字     人名用漢字*     常用外漢字
* 人名用漢字も常用外漢字です