部首が「くにがまえ(囗)」の漢字

囗(くにがまえ)は、囗部(いぶ)に属する部首です。康熙字典214部首では31番目に置かれます。名称の由来は、国(くに)の字の、漢字を包むように置かれる部分(かまえ)に当たることです。ちなみに、かまえに当たる部首の中では、所属する常用漢字が最も多い部首でもあります。

さてくにがまえには、周囲を取り囲むことや、取り囲んだ領域に関する漢字が集められています。代表的なものに「囲(かこ-う)」や「園(えん)」、「圏(けん)」「国(くに)」などがあります。

また、丸くなることを表す漢字もあります。例えば、囗に員で「圓(えん・円の旧字)」、丸めたものを由来とする「団(だん)」などです。

この他くにがまえには、囗に浦で「圃(たんぼのぼ)」、囗に化で「囮(おとり)」、囗に専で「囿(だん・団の旧字)」など様々な漢字があります。

    常用漢字     人名用漢字*     常用外漢字
* 人名用漢字も常用外漢字です