部首が「はこがまえ(匚)」の漢字

匚(はこがまえ)は、匚部(ほうぶ)に属する部首です。康熙字典214部首では22番目に置かれます。

箱や入れ物に関わる漢字を集めた部首と言われますが、関係の明らかなものは、はこがまえに甲で「匣(はこ)」くらいです。その他、はこがまえに王で「匡(ただ-す)」、はこがまえに巾で「匝(めぐ-る)」、はこがまえに非で「匪(あら-ず)」などがあります。

ちなみに、はこがまえと字形がよく似た部首に匸(かくしがまえ)があります。かくしがまえに属する漢字には「」や「」「」などがあり、これらの字に含まれるかくしがまえは、はこがまえと似ているというより、むしろ同じです。

本来かくしがまえは、はこがまえとは異なり、一画目の左端が二画目の付け根より左にあり、また二画目は直角ではなく曲がって書きます。しかし現代では、かくしがまえは部首としては存在するものの、字形としてははこがまえと同一であることが多いです。

    常用漢字     人名用漢字*     常用外漢字
* 人名用漢字も常用外漢字です

2画の漢字 (1)