部首が「にすい(冫)」の漢字

冫(にすい)は、冫部(ひょうぶ)に属する部首です。康熙字典214部首では15番目に置かれます。三画で書く氵(さんずい)に対して、二画で書くことが名前の由来です。

にすいには、氷または冷たいという意味を持つ漢字が集められています。代表的なものに、「冷(ひ-やす)」や「凍(こお-る)」「凝(凝結の凝)」などがあります。この他、にすいに台で「冶(と-ける)」、にすいに馬で「馮(いか-る)」、にすいに牙で「冴(さ-える)」などの字があります。

また数は少ないですが、氵の漢字の異体字として冫が用いられるケースがあります。冲<\kanji>、などがその例です。

ところで、「」は一見するとにすいの漢字に見えますが、部首はにすいではありません。「次」の左側は、現代ではにすいの形で書きますが、元々は「二」と書き、別物なのだそうです。よって「次」はにすいではなく、欠(かける)の部首に分類されています。

    常用漢字     人名用漢字*     常用外漢字
* 人名用漢字も常用外漢字です