部首が「わかんむり(冖)」の漢字

冖(わかんむり)は、冖部(べきぶ)に属する部首です。康熙字典214部首では14番目に置かれます。カタカナのウに似ている宀(うかんむり)に対し、カタカナのワに似ていることから「わかんむり」と呼ばれています。

また、「べきかんむり」や「ひらかんむり」とも呼びますが、名称の由来は定かではありません。べきかんむりは、「」の字の音読みでしょうか。またひらかんむりは、宀(うかんむり)と異なり、冖の上部が平たいことから来ているのかもしれません。

冖部に所属する漢字には、覆うという意味の漢字が集められています。代表的なものに、頭にかぶる「冠(かんむり)」や、日を覆うと書いて「冥(くら-い)」、わかんむりに幕で「冪(おお-う)」があります。

この他、わかんむりに免で「冤(冤罪の冤)」、わかんむりに几で「冗(冗談の冗)」、富の異体字である「冨(とみ)」などの字があります。

    常用漢字     人名用漢字*     常用外漢字
* 人名用漢字も常用外漢字です