冂部 けいぶ 冂(どうがまえ) の漢字一覧

どうがまえは、冂部(けいぶ)に属する部首です。冂部は康熙字典214部首では13番目に置かれます。どうがまえのほかにも、けいがまえ、まきがまえ、えんがまえとも呼ばれます。

冂部の「冂」は、「都市から遠く離れた国境」を意味する漢字です。一方所属する漢字を見ると、「」「」「」など、意味が関連しているものはほとんどありません。漢字の形状を元に、便宜上分類されたものが多いようです。その他に、けいがまえにメで「(岡の異体字)」、けいがまえに巳で「(回の異体字)」といった字もあります。

ちなみに、けいがまえにメメと書いて、「(あみ)」という字もありますが、こちらの部首はけいがまえではありません。「网」という別の部首に所属する字なのでお間違えなく。

ところで、どうがまえという部首の名前は、「どう」+「かまえ」でできています。このうち「かまえ」は、部首のうち、漢字の外側に位置するものの総称です。一方「どう」は、漢字の「」に「冂」の形が含まれていることに由来します。ところが何と、「同」の部首はどうがまえではなく、口(くち)なのです!非常に紛らわしいですね。

    常用漢字     人名用漢字*     常用外漢字
* 人名用漢字も常用外漢字です