人部 じんぶ 亻(にんべん) の漢字一覧

にんべんは、人部(じんぶ)に属する部首です。人部は康熙字典214部首では9番目に置かれます。「」のように漢字の左側に置かれると、亻(にんべん)の形になります。また人部は、「会」に含まれる𠆢(ひとやね)の形になることもあります。

にんべんが属す人部の漢字は、「僕(ぼく)」「僚(りょう)」「僧(そう)」など人を表すものが多いですが、「偉い(えら-い)」「仕える(つか-える)」など、人の状態や動作を表すものも数多くあります。またその他にも、にんべんに有で「侑(ゆう)」、にんべんに十で「什(じゅう)」、にんべんに毎で「侮る(あなど-る)」など、様々な漢字があります。

なお、小学校6年間で学習する漢字の部首で、最も多いのがにんべんです。その数はなんと45個、全体の4%に上ります。「」や「」のような簡単な字もあれば、「」や「」といった難しい字もあって、バラエティが豊かですね。ちなみに、にんべんに次ぐ2位はさんずいの44個、3位はごんべんは32個です。

ところで、にんべんに由来する社名をもつ会社があります。スーパーで見かけることがある「つゆの素」は株式会社にんべんの商品です。1705年初代伊兵衛は店の屋号を「伊勢屋伊兵衛」とし、商標に伊勢屋と伊兵衛の亻(にんべん)をとり、商売を堅実にするためのお金(かね)と合わせて、「カネにんべん」としました。江戸の町民たちは、次第に「にんべん」と呼ぶようになり、そのまま社名として定着したとのことです。

    常用漢字     人名用漢字*     常用外漢字
* 人名用漢字も常用外漢字です
10画 (34)